私が宇宙語を話すきっかけになったのは

How did I talk light language

2年前の秋ごろから話せるようになりました。

その年の夏に参加したワークショップで主催者の方が宇宙語を話されていて。
私の隣の方がこっそりと「宇宙語、私も話せるんです」と教えてくださり、少し聴かせてもらいました。

お二人ともの、響きが
なんか💕おもしろくて
なんか💕いいなって思って
私も話したい!と思いました。

たぶんですが、どこかで
話せる!と確信のようなものがあったと思います。

それと、宇宙語を話せるようになったら自慢できるかもっていう腹黒い思いがあったような。笑

それから、何度かユーチューブを見たりして。
話そう!話せる!と決めて、話してみたが。そしたら、スラスラと口から出てきました。

話しているのは、自分だけど自分じゃないような不思議な感覚でした。

なので、話すと言うよりはおろすと言うか。私はただの道具というか。

また今度あらためて、私が宇宙語を話すときにサポートしてくれているアルクトゥルス星について、お伝えしますね。

関連記事

  1. purple raibow

    宇宙語をサポートしてくれるアルクトゥールスとは

  2. クリスタルボールの音色

  3. tea party blog

    次元上昇する宇宙語お茶会について